レッズ

レッズのフレンドリーマッチ日程

1年延期となったEURO2020の開幕が近づいてきた。欧州のフットボール界をリードする国々は、3年ぶりの国際トーナメントに挑む。

24カ国が参戦するトーナメントは6月11日から始まるが、その前に、各国とも、ウォーミングアップの一環として親善試合に挑む。

マンチェスター・ユナイテッドの選手が絡む試合も多いから、ローマでの開幕戦の前からチェックすべき対戦が目白押しだ。

ここでは、EURO本戦前に押さえておきたい試合スケジュールをまとめた。

参戦するのは?

EUROに出場する各国のメンバーに選ばれたのは全部で12名。いずれも本戦前の最終戦で、好印象を与えようと意欲を燃やしているはずだ。

先陣を切るのはドニー・ファン・デ・ベークスコット・マクトミネイ。彼らが所属するオランダとスコットランドが2日夜にアルガーブで激突する。その後オランダは日曜にジョージアと対戦、スコットランドは本戦前の最終戦のためルクセンブルクに乗り込む。

ガレス・サウスゲート監督はレッズから4人を招集。最初のウォーミングマッチはミドルスブラのリバーサイド・スタジアムでのオーストリア戦だ。その4日後、同じ場所でルーマニアと対戦する。ディーン・ヘンダーソン、ハリー・マグワイア、ルーク・ショー、ジェシー・リンガード、マーカス・ラッシュフォードの出場が期待される。ジェシー・リンガードは最終メンバーには残らなかったが、これらの練習試合には参戦する可能性がある。

ニースのアリアンツ・リヴィエラで行われるフランス対ウェールズ戦では、ポール・ポグバがダニエル・ジェームズ、ディラン・レヴィットのチームと対戦する。

レ・ブルーはその後火曜日にブルガリアとスタッド・ド・フランスで本戦前の総仕上げを行う。ウェールズは土曜にカーディフでアルバニア戦に挑む。

イベリア半島では、アトレチコ・マドリーの新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノでダビド・デ・ヘアとブルーノ・フェルナンデスが対決する。スペインはその後火曜日にリトアニアと、ポルトガルはその翌日にイスラエルと対戦する。

ビクトル・リンデロフのスウェーデンが本戦前に予定しているのは1戦のみで、土曜にストックホルムでアルメニアと対戦する。

EURO以外では、エリック・バイリーとアマドを擁するコートジボワールがガーナでブルキナ・ファソと対戦。

ハンニバルはチュニジア代表でシニアデビューを果たす可能性がある。彼らはチュニスでコンゴ、アルジェリア、マリと対戦する。

親善試合スケジュール(キックオフは日本時間)

6月2日(水)
オランダ対スコットランド(3日3時45分)
イングランド対オーストリア(3日4時)
フランス対ウェールズ(3日4時5分)

6月4日(金)
スペイン対ポルトガル(5日2時30分)

6月5日(土)
ウェールズ対アルバニア(6日1時)
コートジボワール対ブルキナファソ(6日2時)
スウェーデン対アルメニア(6日3時45分)
チュニジア対コンゴ(時間は未定)

6月6日(日)
イングランド対ルーマニア(7日2時)
ルクセンブルク対スコットランド(7日1時)
オランダ対ジョージア(7日1時)

6月8日(火)
スペイン対リトアニア(9日3時45分)
フランス対ブルガリア(9日4時10分)

6月9日(水)
ポルトガル対イスラエル(10日3時45分)

6月11日(金)
チュニジア対アルジェリア(時間は未定)

6月12日(土)
ガーナ対コートジボワール(時間は未定)

6月15日(火)
チュニジア対マリ(時間は未定)


おすすめ:

関連キーワード