ユナイテッド

ガーナーがデンジル・ハロウン選手賞を受賞

ジェームズ・ガーナーが、2019-20シーズンのデンジル・ハロウンU-23年間最優秀選手賞に輝いた。

19歳のガーナーは、昨季プレミアリーグ2で10試合に出場し、8ゴールを記録。また、リンカーン・シティーでのEFLトロフィーでも決勝点を決めた。

ニール・ウッドのチームは一丸となって1試合あたりの勝ち点を増やして昇格を果たしたものの、その中心メンバーだったガーナーに今回の受賞は相応しい。

バーケンヘッド出身のガーナーは、課題だった得点力で成長した。

また、ファーストチームでも出場機会を与えられ、プレミアムのノリッジ戦、ヨーロッパリーグ4試合に出場。出番はなかったが、プレミアリーグ6試合でベンチメンバーに加えられた。

今年は例年と異なりファン投票が実施されなかったため、リードコーチのウッドがニック・コックス、ニッキー・バットと相談の上、受賞者を選んだ。

コックスのコメントは以下の通り。

「こちらも難しい決断だった。昨季はU-23でシーズン開幕を迎えた8選手がファーストチームデビューを飾った。それだけ才能に溢れる選手が多いグループということ」

「チームは素晴らしいシーズンを送り、プレミアリーグ2のディビジョン1に昇格した」

動画
ユナイテッド
PL2年間ベストゴールに選ばれたWBA戦でのゴール

「ジェームズに相応しい賞だ。彼は、アカデミー時代に3つの賞にノミネートされたことがあった。彼がここ数年で見せたパフォーマンスレベルを表すもの」

「昨季は安定していて、得点の部分でも成長した。彼にとって新たな武器になる。ジェームズの長短のパスは素晴らしい。試合の局面を読む力にも長け、グループのリーダーになった」

「ファーストチームでのプレータイムは努力によるもの。この賞は、それを物語っている」

ジェームズは、EFLトロフィーのサルフォード・シティー戦に出場し、レスター・シティーとのU-23プレミアリーグ2開幕戦でキャプテンを務めた。2020-21シーズンでの成長に期待したい。

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ:

関連キーワード