オーレ

ラッシュフォードの怪我についてオーレが言及

マンチェスター・ユナイテッドがシティーに2-0で勝利をおさめた日曜のダービーマッチで足首を負傷したマーカス・ラッシュフォードは、月曜にスキャン検査を受ける。

ラッシュフォードはタックルをかけようと加速したときに足首に打撲を負い、73分にピッチを退いた。

試合後オーレ・グンナー・スールシャール監督は、深刻な怪我でないことを願っていると話した。


「すばらしいスプリントだった。彼のあの激走のおかげで失点を防げたかもしれない。彼はチームのために犠牲を負った」とオーレはクラブメディアに話した。

「足首の怪我だ。私は医師ではないので正確なことは言えないが、それほど深刻な怪我でないことを願っている。明日の朝スキャン検査を受けさせる予定だ」

ダービーマッチ前最後の土曜のトレーニングでは、エディンソン・カバーニも負傷している。

木曜にはヨーロッパリーグのACミラン戦を控えている。ラッシュフォードとカバーニのその後の状態については、こちらのサイトや公式アプリで最新情報をお伝えする。

おすすめ: