ユナイテッド

月間MVPはラッシュフォード

マーカス・ラッシュフォードが、10月のマンチェスター・ユナイテッド月間最優秀選手賞に選出された。

本日23歳の誕生日を迎えたラッシュフォードは、フレッジ、ブルーノ・フェルナンデスを抑えて月間最優秀選手賞に選ばれた。

ピッチ外でも素晴らしい影響力を行使しているラッシュフォードだが、10月は彼のキャリアに残る1ヶ月だっただろう。

CLハットトリック vs ライプツィヒ動画

5-0で快勝したオールド・トラッフォードでのRBライプツィヒ戦では、交代出場後30分足らずでシニアでの初ハットトリックを達成。

このパフォーマンスにより、ラッシュフォードはUEFAチャンピオンズリーグの週間最優秀選手賞にも選ばれた。

また、セントジェームズ・パークでのニューカッスル戦でもゴールを記録。4-1で勝利した同試合で2アシストも決める大活躍だった。

1ヶ月で5ゴールという数字は、ひと月で6ゴールをマークした2019年12月以降最高の数字だ。

ユナイテッドで通算74ゴールに達したラッシュフォードは、その半数以上をオーレ・グンナー・スールシャール監督体制になってから決めている。

ラッシュフォードは、9月の月間最優秀選手賞候補にも選出された。

注目スタッツ

ニューカッスル(A) - 1試合3ゴールに絡む活躍(1ゴール、2アシスト)は、2018年12月のフルアム戦、2016年2月のアーセナル戦以来初。

PSG(A) - パルク・デ・プランスで決勝点をマークし、パリ・サンジェルマンは2004年12月以来となるチャンピオンズリーグ・グループステージ敗退を喫した。

ライプツィヒ(H) - 交代出場でハットトリックを達成したクラブ史上2人目に。1999年のプレミアリーグ、ノッティンガム・フォレスト戦で、スールシャール監督が同じく交代出場でハットトリックを成し遂げている。

ハイライト:PSG 1-2 ユナイテッド動画

マーカスを称賛する声

オーレ・グンナー・スールシャール

マーカスの活動はご家族にとっても喜ばしいことだろう。彼は素晴らしい青年だ。人間性も素晴らしい。アカデミーに在籍していた時期も、クラブは彼の力を見出だし、チャンスを与えた。才能はもちろん必要だが、選手として成長するには人間性も欠かせない。今年の夏、彼は多くの子供達の人生を変えた。これは、フットボールの試合よりも大事なことだ。

リオ・ファーディナンド

彼は勢いに乗っている。(ライプツィヒ戦での活躍を見ると)学校の校庭で遊んでいるようだった。まるで1年目のようなプレーで、対戦相手を苦しめている。

ポール・スコールズ

これまでフィニッシュの精度を疑問視されていたが、今のままいけば年間25ゴールは見込める。まるでルート・ファン・ニステルローイのようにゴールを決めてくれる。

アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: