ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッド 3-1 ニューカッスル

マンチェスター・ユナイテッドは、後半にニューカッスル・ユナイテッドを突き放し、オールド・トラッフォードでの一戦に3-1で勝利した。

プレミアリーグではここ2試合続けてドローに終わったユナイテッドが久々に勝利。しかし、降格争いの渦中にいるニューカッスルは、予想以上に厳しい相手だった。

マーカス・ラッシュフォードの個人技で先制したユナイテッドに対して、ニューカッスルはアラン・サン・マクシマンが前半終了までに同点ゴールを記録。

後半はユナイテッドが57分にダニエル・ジェームズの得点で勝ち越しに成功。ジェームズは4-0で快勝したヨーロッパリーグでのレアル・ソシエダ戦に続いての得点だった。

そしてラッシュフォードがペナルティエリア内でジョセフ・ウィロックに倒されてPKを獲得し、75分にブルーノ・フェルナンデスがこれを成功させて勝ち点3を獲得している。

前半 - ラッシュフォードのゴールで先制も同点に追いつかれて折り返す

降格圏内に順位を落としかけているニューカッスルに揺さぶられ、試合の入り方としては不安定な状況に陥った。黄色のユニフォームで今節に臨んだニューカッスルは、元ユナイテッドのスティーヴ・ブルース監督によって練られた作戦でユナイテッドを苦しめる。

4分、マグパイズのストライカー、ジョエリントンが上げたクロスをダビド・デ・ヘアが弾き返すも、クリアーを拾われジョンジョ・シェルヴィーが強烈なシュート。難しいボールだったが、デ・ヘアがしっかり反応してピンチを回避した。

ユナイテッドは、ジェームズが低いシュートを放つも、ゴールキーパーのカール・ダーロウに簡単にセーブされ、ミゲル・アルミロンに長距離を快走してシュートを打たれたがデ・ヘアが対応する。

ニューカッスルの守りをこじ開けたのは30分だった。ビクトル・リンデロフからのパスを受けたラッシュフォードは、左サイドから突破を狙い、相手の右サイドバック、エミル・クラフトの股を抜いて前進し、思い切り良く放ったシュートをニアポストに突き刺した。

しかし、ユナイテッドがリードを守れたのは束の間で、サン・マクシマンがデ・ヘアに襲いかかる。一度はシュートを阻んだデ・ヘアだったが、36分にサン・マクシマンが放ったシュートは止められず、同点に追いつかれてしまう。

このあたりから試合のテンションも上がり始め、ブルーノとフレッジはアイザック・ヘイデンに苛立ち始める。フレッジはゴールから遠目の位置でシュートを放ったが、ダーロウに抑えられ、同点のまま前半を終えた。

後半 - 手強い相手を突き放す

50分には再びサン・マクシマンがシュートを放つも、これはデ・ヘアがセーブし失点を許さない。

再び均衡が破られたのは57分だった。左サイドでボールを持ったネマニャ・マティッチがニューカッスルのディフェンスを欺いてインサイドに向かい、右サイドにパス。これを受けたジェームズが今シーズン5ゴール目となる得点を記録して勝ち越す。

ジェームズがもたらした勢いに乗ったユナイテッドは、アントニー・マルシャルらのシュートでダーロウを追い込む。マルシャルは69分にメイソン・グリーンウッドと交代した。

この試合最後の得点シーンを生み出したのはマティッチとラッシュフォード。後者がペナルティエリア内に侵入すると、ウィロックに倒されてPKを獲得。これをフェルナンデスが冷静に成功させ、残り15分でリードを拡大した。

後半はルーク・ショーによる精度の高いコーナーキックも目立った。ゴールに繋がらなかったものの、マティッチとハリー・マグワイアが頭で合わせ惜しい場面になった。

勝負がほぼ決まった終盤、オーレ・グンナー・スールシャール監督はニューカッスル出身の17歳、ショラ・ショレティレにファーストチームデビューの機会をプレゼント。ラッシュフォードと代わって出場したショレティレには、同じく交代出場したフアン・マタが激励の声をかけた。また、マタと交代したジェームズのパフォーマンスも目立った。

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー、フレッジ、マティッチ、ジェームズ(88分にマタと交代)、フェルナンデス、ラッシュフォード(88分にショレティレと交代)、マルシャル(69分にグリーンウッドと交代)

出場機会のなかったサブ:ヘンダーソン、バイリー、テレス、トゥアンゼベ、ウィリアムズ、アマド

得点:ラッシュフォード(30分)、ジェームズ(57分)、フェルナンデス(75分 PK)

イエローカード:フェルナンデス

ニューカッスル:ダーロウ、クラフト、ラッセルズ、クラーク、ルイス、ヘイデン、シェルヴィー、ウィロック、アルミロン(79分にゲイルと交代)、サン・マクシマン(77分にマーフィーと交代)、ジョエリントン(55分にフレイザーと交代)

出場機会のなかったサブ:ドゥーブラフカ、ダメット、キャロル、リッチー、ヘンドリック、Sロングスタッフ

得点:サン・マクシマン(36分)

イエローカード:ヘイデン、ジョエリントン

おすすめ: