監督

ウルヴズ戦前最新チーム情報

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ウルヴズとのエミレーツFAカップ準々決勝を前に、ロメル・ルカクのコンディションを確認する必要があると明かした。その一方で、フィル・ジョーンズがメンバーに復帰する可能性も示唆した。

MUTVとの独占インタビューで、監督は、ジェシー・リンガードとアンデル・エレーラが今週のトレーニングに参加したこと、FCミッティランと対戦した水曜のUEFAユースリーグを体調不良で欠場した17歳のメイソン・グリーンウッドが金曜にAonトレーニングコンプレックスでの練習に参加する可能性があると語った。

センターバックのジョーンズは、2月9日に行なわれ、3-0で勝利したフルアム戦以降、負傷によりプレーしていない。

5回戦のチェルシー戦で、今大会2度目のイエローカードを受けたアシュリー・ヤングは、この試合は出場停止となる。これまで同大会でゴール前を守ってきたセルヒオ・ロメロは、ウルヴズ戦でも先発として起用されるかもしれない。

ルカク
ウルヴズ戦前に状態を確認されるロメル・ルカク

「戻ってくる選手がいる」と、オーレは金曜の会見前に語った。「今週は先週よりも良い練習ができている。ジェシーとアンデルも練習に参加している。ロムは足を痛めているので、今日状態を確認して、練習に参加できるかを見る。フィル・ジョーンズも戻ってきたので、チームの戦力は以前より上だ」

「メイソンは体調を崩していた。それで今週は練習に参加していなかった。今日は練習に参加できるかもしれないので、状態を見たい」

「セルヒオはファンタスティックな状態を続けている。出場した試合数に対するクリーンシートの割合で世界記録を更新すべきだ。彼は出場した11試合中9試合で無失点に抑えている。FAカップでもね。ファンタスティックだ」

ウルヴズは?

 ヌーノ・エスピリート・サント監督は、幸運にも現在怪我人のいない状況にある。モダンフットボール界において、スケジュールが過密するこの時期に、これは非常に珍しいことだ。

2-0でウルヴスが勝利したカーディフ・シティー戦で今シーズン10 枚目のイエローカードを受けたライアン・ベネットは、2試合の出場停止処分を受けることになっているが、対象となるのはプレミアリーグの試合のみ。

1-1のドローに終わったチェルシー戦での先発は、以下の通りだ。

ルイ・パトリシオ、ドハーティ、サイス、コーディ、ボリー、オットー、デンドンケル、ネヴェス、モウティーニョ、ヒメネス、ジョッタ

おすすめ: