スコット

スコット「試合を決めきれなかったのは僕たちの責任」

木曜日 30 11月 2023 14:07

スコット・マクトミネイにとって、水曜夜のガラタサライ戦は、複雑な思いの残る試合となった。自身初のUEFAチャンピオンズリーグでのゴールも決め、マンチェスター・ユナイテッドは2点差をつけながら、勝利を逃してしまったからだ。

残る試合はグループステージ最終戦のバイエルン・ミュンヘン戦のみで、レッズが次ラウンド突破を果たせるかどうかは、他の対戦の結果次第となる。

トルコでの試合では、ユナイテッドは多くの局面で素晴らしいプレーを見せたが、2-0、3-1とリードを奪いながらそれを守れなかったことは、マクトミネイと仲間たちに悔しい思いを残した。

試合終了のホイッスルの後、スコットはクラブ・メディアに対し、3-3という最終スコアについて、守備的な選手だけでなく攻撃陣にも責任が��るとコメントした。

試合レポート:ガラタサライ3-3ユナイテッド

 記事

イスタンブールでの一戦は、激しい攻防が続いた末にドロー。

「正直言って、3点以上のゴールを奪えなかったのはとても残念だ。クリーンシートも達成したかったけれど、フットボールにはミスや予期しなかったことが起こりうるものだ。それに試合を決めきれなかったのは、僕たち攻撃サイドの責任でもある」。

「良いプレーはできていたと思う。コントロールできていたし、いいプレーもできていたけど、これがフットボールだ」。

メディアの厳しい視線がGKアンドレ・オナナに向けられるのは必至だ。ガラタサライのハキム・ジエクからの2本のフリーキックを防げなかったことに対しては、彼自身が最も落胆していることだろう。

「このチームに個人プレーはない。全員が、チーム一丸となって前進することを望んでいる」。

「フットボールで怯むことなんてない。(土曜日のニューカッスル・ユナイテッド戦のように)敵陣のスタジアムに行ったら、それに対処して向かっていくだけだ。それがこのチームの意思でもある。僕たちはすべてのチャレンジと正面から戦いたい。自分たちを追い込み、強い相手と戦って自分たちを試したい」。

テン・ハフ「勝つべき試合だった」

 記事

エリック・テン・ハフ監督が、アウェイでのガラタサライ戦を振り返った。

チャンピオンズリーグでの初ゴールについては、マクトミネイは多くを語らなかった。

「(ゴールは)自分のプレーに加えたいものだし、チャンピオンズリーグで最初のゴールという意味ではとても嬉しい」。

「それよりも、今夜の(ミュンヘンでの試合)結果が我々に有利なものになってくれていることを祈る。そして僕たちは全力で戦い続けるよ」。

おすすめ: