ユナイテッド

“勝者”ヴァランヌの獲得を喜ぶ監督

木曜日 29 7月 2021 03:04

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、今シーズンからオールド・トラッフォードでプレーする予定のラファエル・ヴァランヌを、“勝者”と称えた。

マンチェスター・ユナイテッドは、現地7月27日、28歳のヴァランヌ獲得に向けて、レアル・マドリーと移籍金で合意したことを発表。同選手のユナイテッド移籍は、選手個人との契約、そしてメディカルチェックをもって完了する。

チャンピオンズリーグ優勝4回を誇るヴァランヌは、フランス代表として2018年のワールドカップ優勝にも貢献したディフェンダーだ。スールシャール監督は、2-2に終わったブレントフォードとのプレシーズンマッチ後、ヴァランヌに突いて語った。

「レアル・マドリーとの話し合いが上手く行って、とても満足している」

ヴァランヌの獲得に関して合意 article

ラファエル・ヴァランヌに関するクラブ公式声明。

「彼(ヴァランヌ)は勝者として力を証明した選手で、何年も前から注目していた。サー・アレックスが彼を獲得する寸前だったことは知っている。当時と比べて彼のキャリアは異なるが、今になって彼を獲得できた」

「第一に、彼はキャリアを通して素晴らしい人間性を証明してきた。プロフェッショナルであり、全てを勝ち取ってきた選手だ」

ヴァランヌは、今夏2人目の大物選手としてユナイテッドにやってくる。スールシャール監督は、今年の選手獲得は、高いレベルにあるクラブの目標を示していると言う。

「両選手を獲得できて、非常に嬉しい」

「まず、クラブは世界を代表するエキサイティングなフォワード(ジェイドン・サンチョ)を獲得し、世界で最も尊敬され、勝ってきたセンターバックを獲得した」

「ジェイドンの加入により、我々はこれまでと異なるプレーが可能になる。そしてラファエルが加わることで、また違ったプレーが可能になる。彼の加入が待ちきれない。できるだけすぐに成立させたい」

タトゥーに込められた意味 article

ジェイドン・サンチョが、身体に入れているタトゥーについて語った。

ヴァランヌの獲得成立までには、メディカルを含めて最後の詰めの段階に来ている。新型コロナウイルスの制限により、準備にも数日が必要だ。監督も、いくつかの過程を踏まないといけないと認めている。

「私が知っている限り、クラブはできるだけ早く解決する方法を検討している」

「いつ決まるかは知らない。イングランドに入国するための査証の問題もあるし、ブレグジット、それに隔離というモンヂあもある。できるだけ早く成立させないといけないが、手順を踏まないといけない」

おすすめ: