ソシエダ

レアル・ソシエダとの第2戦の先発イレブン大予想!

今週木曜、マンチェスター・ユナイテッドはヨーロッパリーグのラウンド32 、対レアル・ソシエダ戦の第2戦に挑む。 オーレ・グンナー・スールシャール監督には、メンバー選考においていくつかのオプションがある。

先週の第1戦は、レッズは4-0 で勝利した。このアドバンテージにより、オーレには数人の選手を休ませるというオプションが生まれた。とりわけ3日後にはプレミアリーグでチェルシーとの大一番が控えている。

しかしオーレは、レアル・ソシエダの実力をふまえて、木曜の試合には万全の体制で挑むことの重要性を繰り返し説いている。数人を温存するべきか否か?

オーレの頭の中にはすでにアイディアがあるに違いないが、ここではお馴染みのライター陣が、先発イレブンを大予想した。

ハイライト:レアル・ソシエダ 0-4ユナイテッド動画

マイケル・プラント(アシスタントエディター)

先週のアウェーゲームで実のある勝利を手にしたとはいえ、このスペイン勢は決して侮れない。2004年のチャンピオンズリーグでは、デポルティーボ・ラ・コルーニャが、前年度のチャンピオン、AC ミランに第1戦で大敗したあと、第2戦で逆転したのを今でもよく覚えている。想像できないことが起こりうるのがフットボールの世界だ。とはいえ、この後も過密日程が続くことを考えると、オーレにはローテーションできるチャンスであるのも事実。個人的には、アーロン・ワン・ビサカとハリー・マグワイア、マーカス・ラッシュフォードは休ませたい。しかしブルーノ・フェルナンデスには先発してもらいたい。いま現在のレッズは、中盤がやや人材不足な状況にあるからだ。先週ファーストチームでデビューしたアマドとショラ・ショレティレにもチャンスを与えてほしいところだ。

マイケルの予想イレブン:ヘンダーソン;ウィリアムズ、バイリー、トゥアンゼベ、テレス;フレッジ、マティッチ、グリーンウッド、フェルナンデス、ジェームズ;マルシャル


アダム・マーシャル(寄稿エディター)

自己満足に陥るのは危険だ。オーレもアマドとショレティレの若手2人の先発はないと明言している。ただ、スタンフォードブリッジでのチェルシー戦をふまえて、何人かの主役は休ませたいところだ。U-23チームで躍進中のジョー・ヒューギルをベンチ入りさせても良いのではないか。彼以外にも、ニール・ウッズ監督のチームからチャンスが来るのを期待している選手もいるかもしれない。

アダムの予想イレブン:ヘンダーソン;ウィリアムズ、トゥアンゼベ、バイリー、テレス;マティッチ、ファン・デ・ベーク;グリーンウッド、マタ、ジェームズ;マルシャル


サム・カーニー(寄稿エディター)

トリノでなし得た大仕事と、プレミアリーグでチェルシー戦、クリスタル・パレス戦、マンチェスター・シティー戦が続くことを考慮すると、この試合は、出場頻度の高い主力メンバー数人を休ませるチャンスではあるだろう。この後はこんな機会はそうは訪れないかもしれない。ドニー・ファン・デ・ベークのコンディションが回復しているなら、中盤でフレッジかネマニャ・マティッチとコンビを組ませたいところ。ファン・デ・ベークに加え、ポール・ポグバ、

スコット・マクトミネイも負傷中で、現時点で人材が薄いのがこのエリアだ。その他では個人的にはアマドの先発デビューが見たい。10番のポジションにはフアン・マタ。攻撃を牽引するのはメイソン・グリーンウッドだ。

サムの予想イレブン:ヘンダーソン;ウィリアムズ、バイリー、トゥアンゼベ、テレス;フレッジ、マティッチ;アマド、マタ、ジェームズ;グリーンウッド

おすすめ:

関連キーワード