ユナイテッド

8月の月間MVP候補

2019-20シーズン開幕から思うような結果を残せていない中、ダニエル・ジェームズ、アーロン・ワン・ビサカ、ハリー・マグワイアのトリオのプレーはポジティブな要素と言える。

アカデミー出身のスコット・マクトミネイは惜しくも候補から漏れ、開幕から好調を維持していたアントニー・マルシャルもクリスタル・パレス戦での負傷により離脱し、今回の候補には含まれなかった。

今シーズン初の月間最優秀選手賞に輝くのは誰か、候補選手のパフォーマンスをまとめた。

動画
ユナイテッド
サウサンプトン戦では左サイドからサウサンプトンに襲いかかったジェームズ
ダニエル・ジェームズ - 4試合出場/3ゴール
若きウェールズ代表は、スウォンジー・シティーからユナイテッドに移籍後、煌びやかなスタートを切った。チェルシーとの開幕戦では、交代出場直後にゴールを決め、クリスタル・パレス戦でも同点ゴール、そしてサウサンプトン戦でも見事なゴールで先制点をマーク。プレミアリーグ4試合で3ゴールを記録し、セント・メリーズでの一戦では、ファンが選ぶマン・オブ・ザ・マッチにも選出された。エネルギー溢れる彼のプレーに、早くも虜になったユナイテッドファンも多い。
ハリー・マグワイア - 4試合出場
ジェームズはゴール、ワン・ビサカは巧みなタックルと、見出しにしやすいパフォーマンスを見せているが、マグワイアは静かながらもチームに順応し、最終ラインに落ち着きと力強さを与えた。鋭いパスは、ユナイテッドのビルドアップに新たな方向性を与え、空中戦での積極性は守備の武器を増やした。今後もユナイテッドのユニフォームを着て活躍する試合は多いだろうが、早くもクラブでのライフに慣れたことは朗報だ。
動画
ユナイテッド
すでにクラブに順応したマグワイア
アーロン・ワン・ビサカ - 4試合出場
ユナイテッドファンは、タックルを好む。ノビー・スタイルズ、レミ・モージズらは、そのアグレッシブなプレーが未だに語られるほど。ワン・ビサカもまた、相手にとって回避不可で、抜群の身体能力を発揮してのタックルの連続で、彼らと同等の喜びをファンに与えてくれている。その安定感は素晴らしく、タックルのスタッツに目を奪われがちだが、攻撃面での貢献も目立つ。アーロンは、ウルヴズ戦のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた以外にも、ここまで全試合でマン・オブ・ザ・マッチ候補に選ばれている。
動画
ユナイテッド
ウルヴズ戦のユナイテッドMOMを受賞したワン・ビサカ

投票の方法は?

 8月のマンチェスター・ユナイテッド月間最優秀選手賞投票で誰に票を入れるかを決めたら、クラブ公式アプリで投票に参加しよう。

投票は、9月6日(金)の現地時間午前中に締め切られる。

おすすめ: